利益計画

合同会社の利益計画の妥当なライン

利益計画合同会社が融資を受ける際には利益計画を策定することが必要となります。どれくらいの売り上げがあって、どれくらいの利益を見込めるのかを細かく数字で表現することが必要とされるのです。この部分は審査において非常に重要な事項だと言えるでしょう。審査委員が細かくチェックしますが、何か矛盾することがあれば審査に落ちる可能性は高くなります。ですから、正確な数字を提示することが必要となるのです。あまりもおかしい数字があるとそれが原因で審査に落ちる可能性が高くなりますから、妥当な数字を提示しておくことは大事なことです。

例えば、売り上げの水準については非常に重要なものだと言えるでしょう。合同会社を設立して3,000万円の融資を受けたにもかかわらず、3年後に売り上げが2,000万円しかないというのであれば、少し売り上げは低すぎます。投資効率があまりにお悪い経営史かできないと判断されますから、融資は受けにくくなるでしょう。逆に、合同会社を設立して3,000万円の融資を受けて、3年の間で売り上げ水準を数百億円にまで拡大できるというような利益計画を立てたとしても現実味がありません。まずは妥当な水準がどれくらいなのかを把握することが必要ですし、そのためには同業他社の水準を把握しておくことは大事なことです。また、黒字転換があまりにも遅いと審査で不利になります。合同会社を設立した当初はいろいろな費用がかかりますから、初年度に赤字になることは仕方のないことだとも言えるでしょう。しかし、赤字が何年も続くようであれば、経営のスピードが遅すぎるか、あるいは事業そのものにニーズがないと判断される可能性があります。初年度の赤字は仕方のないものだとはしても、翌年度には黒字になるような利益計画を立てておくことは必要でしょう。利益率についても妥当な水準を考えておかなければなりません。同業他社と同じくらいの利益率になることも多いですから、同業他社よりも高い利益率を見込む場合には、どの点で効率化ができるのかをきちんと提示できなければならないのです。

合同会社を設立する以前から何らかの事業を行っている人なら、ある程度の予想を立てることもできるでしょう。ただ、個人事業として営業をしている場合と、合同会社として経営をしている場合とで、経営効率が同じでは印象は悪くならざるを得ないです。合同会社を設立したのなら、資金効率がどうすれば高くなるのかをよく考えて、それを利益計画に反映させる故尾賀必要となります。